HOME > 採用情報 > 業務の1日の流れ

業務の1日の流れ

実際にパチンコホールで働くというのは、どんな感じなの?・・・という方のために、実際の仕事をご紹介。営業時間中は接客など業務がいっぱいですが、早番と遅番に分かれていて、働く時間はきっちり。食事以外にも15分休憩が2回あったりと、働きやすさへの配慮もしっかりです。まずはこのページでホールの仕事を疑似体験してみてください!

ホールの仕事(早番の場合)

08:00 出社して9時の開店に向けてがっちり準備

お客様の喜びと社員の幸せ!

まず事務所にて朝礼。企業理念の唱和を全員で行って「今日も頑張るぞ」。開店準備はカウンターや台のチェックだけではなく、お店の外の駐車場スペースまで。お客様を気持ちよくお迎えできるよう、気は抜けません。

10:00 お客様が楽しめるようにホールでサポート

お客様とのコミュニケーションが大切

ホール担当者は巡回して、お客様からの呼び出しにすぐに応えられるように。時には顔なじみのお客様といろいろな会話を交わすこともあります。その合間にトイレや駐車場のチェックも。快適な雰囲気作りには欠かせない作業です。

12:00 お楽しみのランチは会社の補助があって300円でOK!

今日のおかずは何かな~?

お昼ごはんは11時から13時に30分ずつ交代で。お店によって隣接するお食事処で食べたり、お弁当屋さんから取り寄せることも可能。どちらも600円以内のメニューなら300円で食べることができます。

16:00 最後の仕事は遅番スタッフへの引継ぎ作業

灰皿交換もコツを覚えればラクラク

15時30分に遅番のスタッフが出店。灰皿交換やゴミ箱の清掃など、決められている様々な引継ぎの作業を行います。これらをきちんと片付けたら、16時半に業務が終了。

お疲れさまでした!

このページの先頭へ

Copyrights © GODA KANKO CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED.